ちょっとのお出かけショッピングや、急なのぼり坂など電動自転車なら簡単な操作でまるで後ろから誰かがおしてくれているような

自転車ならブリヂストンです。ブリヂストンの電動自転車は有名です。
電動自転車ならブリヂストンと言われるくらいです。

もうこの電動自転車を体感したら普通の自転車には乗れなくなりそうです。

ちょっとのお出かけショッピングや、急なのぼり坂など電動自転車なら簡単な操作でまるで後ろから誰かがおしてくれているような、
不思議な感覚がたまりません。
もうサイクリングが日常となりました。

気に入っているところ

気に入っているところを説明します。

○電気の力はあくまでも人力の補助なので
人がペダルをこぐ力を越えません。
スピードが出すぎることがないので安心です。
ペダルを踏む力を電気の力が手伝ってくれますから、
坂道も向かい風もスイスイとラクに走れます。

○バッテリーが切れてしまっても大丈夫でした。
そのまま普通の自転車のように、
ペダルをこいで走り続けることができますよ。

○電動自転車といっても水にぬれても感電するようなことはありません。
だから雨の日にも、普通の自転車と同じように走ることができます。

折りたたみ自転車を分析

折りたたみ自転車を分析してみました。
購入の参考にしてもらえると嬉しいです。

・見た目ほど、組み立ては簡単ではない。
・組み立てが簡単なほど、重くなる傾向がある。
・軽いものでも、実際はさほど軽くない。
・軽いものほど、乗り心地が悪い。乗り心地というのは、軽さを追求する余り、サスペンション等の機能をそぎ落とした結果、少し乗るとお尻が痛くなるというもので、こればかりは実際に乗ってみないと分かりません。
・すべての機能を追求すると値段のバランスとれません。
・車輪の大きさが小さいので、こいでも距離が出ません。ギア付だと値段も跳ね上がります。
・実は、折りたたんでもあまり小さくはなりません。。。

折りたたみ自転車の選び方

自転車店やホームセンター、ディスカウントショップ等の店頭には、
たくさんの折りたたみ自転車が並べられています。
安いのは1万円以下からあります。その中でどれを選べばいいのでしょうか?

まず、ポイントは「折りたたむか、否か」です。
折りたたみ自転車の選び方で、「折りたたむか、否か」というのもおかしいのですが、
今、一般用の折りたたみ自転車を持っている人の大多数が折りたたまずに使用しています(笑)
自宅に置きっぱなしにするのであれば,お勧めしないです。

同じ価格で買えるママチャリの方がいいかと。。。

アルベルトという自転車

通勤用に、とにかく軽快に走れる自転車を購入したいなら
ブリヂストンのアルベルトという自転車がいいですよ。

車体も軽くて乗りやすく、ベルト式なのでチェーンより軽く感じます。
てんとう虫機能がついていれば暗くなると走行時ライトが自動点灯します。
操作不要で楽チンです。

長所は、宣伝文句通りで、軽くて、乗りやすい。
短所は、いい材料を使っているので高額な点ですね。

人気がありますので、駅で盗難に遭わないように確実に施錠してくださいね。

アルベルト自転車の長所・短所

ベルト駆動の長所

○ベルトはチェーンに比べて圧倒的に摩擦が小さいので普通に乗っているの でしたらとても楽です。
 ベルトはチェーンのように油をさしたりするメンテナンスが
 ほとんど必要ありません。
○ベルトはチェーンのように伸びることがほとんど無いみたいで
 チェーン張りなどのメンテナンスが必要ありません。

ベルト駆動の短所

○ベルトはゴムで出来ていますので上り坂や発進などのように力が掛かると 伸びます。
 そのためペダルがかすかですが止まるような感じがします、
 ベルトはゴムなため小さな切り傷でもすぐに切断させてしまいます。


やはり、お勧めはブリジストンンのアルベルトです。
普通に乗られる方でしたら私はブリヂストンのアルベルトという自転車をお勧めさせてもらいます。

ベルト駆動車のメンテナンス

ブリヂストンのアルベルトは、メンテナンスフリーですが気になるベルト駆動車の注意点やメンテナンス方法など。

○ベルトやギヤ(プラスチック)に注油してはいけません。
 ベルトやギヤの材質を劣化させますし、埃などが付着しやすくなります。
 ブリヂストンも注油から解放されることを前面に打ち出していますが油を 付けることは禁止です。
 このベルトは自動車エンジンのタイミングベルトにも使われている強度を 持つ材質ですが、
 油漏れでタイミングベルトに油が付着すると劣化するので交換しなければ なりません。

○月イチぐらいで、ベルトを掃除する。
 ほこりと油が固まった感じのゴミがつきます。
 走行感に影響するので、すごい塊なら古い歯ブラシでこそげとる。
 なんかこびりついてるな、ぐらいだったら、古いタオルを指先に巻いてち ょいちょいとふきとって下さい。
 水や住まい用のスプレークリーナーをタオルにつけて拭いても良いです。
 ベルトの歯とかみあう回転部分(ペダルのあるところ)の歯車も同様に掃 除します。
 きれいになってから、回転部分に自転車用のオイルをさします。

○スポークもタイヤ内周の金属部分もきれいにふきます。
 ホイール中央もゴミがついてたら歯ブラシでふきとり、オイルをさします。

○ほか、いらない布できれいに拭きます。可動部はオイルをさします。
 汚れがあったらふきます。